抗菌薬でカンジダになる!?

最近性感染症になる人が多くなっています。
症状がみられないという場合も多く、知らない間に悪化していると言うこともあります。
多くの婆異性交渉をすることによって感染するのですが、そのなかにはカンジダ症といって菌が感関連している病気もあります。
これは本来人間が持っている真菌という菌が原因で発症します。
症状としては外陰部の強いかゆみがみられます。
この他にカッテージチーズのようなおりものがみられます。
このような症状があるときには、すぐに病院に行くようにします。
パートナーにも移る可能性があるので、しっかりと確認をするようにします。
この治療には薬が使われますが、これはエンペシドクリームというものです。
しかしこのカンジダ症は妊娠中でも感染することがあります。
このエンペシドクリーム 妊婦用というのがあるのかというと、特別妊婦用という物はありません。
しかし妊娠中に薬を使うと言うことが不安な人がたくさんおり、大丈夫なのかと考えてしまいますが、基本的には問題がありません。
むしろこのようなカンジダの症状をほうっておくことの方が問題になります。
したがって妊娠中でもこのように、エンペシドクリームを使用して治療を行います。
抗菌薬でカンジダになるのかということがよく聞かれますが、その可能性はあります。
それは抗菌薬を使うことによって陰部に存在している細菌を死滅させてしまうと言うことになるので、陰部の細菌のバランスが崩れてしまいます。
その結果真菌であるカンジダの活動が活発になり、かゆみやおりものの異常というような症状が現れるのです。
しかしもともとカンジダを持っていない人はその可能性は低いです。
あまり抗菌薬を使いすぎると、体の中のバランスを崩してしまうと言うことがあるので注意します。