カンジダ、梅毒、クラジミアについて

カンジダという病気は、元々体内にある菌が体力の低下などのきっかけにより、発症します。性行為による感染もありますが、コンドームを使う事は、予防に有効です。ですが、100%防げる訳ではないので、発病中の性行為は控えた方が良いです。そして、性行為を体験したことの無い女性でも発症する可能性はあります。カンジダの症状で、男性と女性で同じ症状があります。口の中の皮がペロリと剥けたり、まれに白斑が出てくるようです。後、男性はまれに尿道炎になります。包茎の方に可能性があります。女性はおりものがカッテージチーズのようにかす状になります。他には、激しい痒み、性交時痛、排尿痛などもあります。カンジダは女性が膣内に菌を持っているケースが多く、成人女性のおよそ10%が保有しています。そのなかでも、妊娠中の身体だと、およそ30%菌を保有していると言われています。次に梅毒は、ディープキスでも移る可能性があるほど感染力が高い病気です。なので、セックスやフェラチオを経験したことが無い人でも、ディープキス等で、感染する可能性があるので危険です。梅毒の特徴は、潜伏期間が他の性感染症と比べてとても長く知らない間に移されていたことや、逆に移していたことも多くあります。梅毒の症状は男女共に性器やその周辺に硬いしこりが出来ます。しこりは痛みもなく1ヶ月しない内に消えるかとが多いため気付かない方も多いです。次にクラジミアは、粘膜に感染する病気です。クラジミアは薬が良く効きますが、一度の治療で完治するわけではありません。10人に1人位で治療が上手くいかない事もあります。クラジミアは、喉にも感染します。喉は薬が効きにくいので薬を飲んだとしても、菌が残っている場合があります。