カンジダの血小板の大きさと全身の広がりに無料相談

日本人女性の5人に1人が感染すると言われているものに、カンジダ症があります。
カンジダは酵母カビの一種で、疲労などが原因で免疫力が低下したときに増殖しやすくなります。
性行為によって感染する可能性がある他、淋菌やクラミジアの治療による抗生物質の服用で発症することもあります。
カンジダは膣や外陰部にいるカビで、体調のバランスが崩れたときに発症することや、性行為が多いときにも発症します。
近年ではオーラルセックスを行う人が増えていることもあって、血小板と同じ大きさのカンジダ酵母が血液に侵入することで全身に運ばれることになります。
腸内などでカンジダが見つかるときには、血小板の大きさの酵母が口から侵入したものと推測されます。
細菌であれば胃酸の影響によって死滅することが考えられますが、カンジダは酸に強い特徴を持っていることから、血小板大の大きさであることもあって全身に広がります。
カンジダ症を発症しているときには、おりものに白い粥状のものが付着することや、かゆみの症状が現れます。
痒みが強いときには外陰部を傷つけてしまう危険性があるために、トリコモナアスの鑑別などの診断も必要になります。
婦人科や産婦人科を受診することが大切ですが、デリケートな問題ということもあって医療機関を受診することが恥ずかしいときには、電話による無料相談を受け付けているところもあります。
近年では自宅で性感染症の検査が受けられるキットも販売されており、検査キットの事業者が無料相談を実施しているところも多いです。
カンジダなどの感染症の場合には、性行為のパートナーにも感染していることが考えられるために、2人共に検査を受ける必要があります。
気になるときには、早期に無料相談を受けて治療方針を聞くことが大切です。