血友病性関節症の痛みとカンジダ患者と性行為しない

カンジダを発症させている人で血友病性関節症がいる場合には、性行為をなるべく避けた方が賢明です。特に血友病性関節症で既に痛いという症状が出ている人は性病とあいまって取り返しの付かないことになりかねないので注意が必要です。血友病性関節症というのは、簡単に言うと血液を固めるための機能が上手くいかなくなってしまう病気です。血液の凝固機能は本来ならば人間に備えられている当たり前の機能なのですが、ごく稀に遺伝的にこの機能が非常に低い状態で子供が生まれてきてしまうことがあります。割合としては10万人に12人程度の数と考えられており、しかも男性がそうした症状を発症することが多いため気をつけなくてはいけません。一方で、女性がこの症状を発症させることはさらに稀であると言えます。大切なのは、血友病性関節症は遺伝的な病気の一つであるということを認識しておくことです。仮に、パートナーの男性がこの病気を生まれながらにして発症させているのならば、カンジダを保有している女性と性行為をすることによって菌が移ってしまうことも考えられます。陰茎に痛いという症状が出てしまうと血友病性関節症によって出血をしてしまうことも考えられるため、そもそもカンジダは男性よりも女性の方が発症させている可能性が高いものなので、カンジダの原因である真菌を元々持っていなくても相手から移されてしまうことがあります。カンジダが男性に対して移ってしまうと陰茎から痛いという症状が出てしまうことになるため、下手をすれば何度も出血を繰り返すようになります。元々血を固める能力が低いので、取り返しの付かないことにならないようにするためにも性行為を自重することが大事なのです。